<ins id="br5jt"></ins>
<cite id="br5jt"></cite><var id="br5jt"><strike id="br5jt"><listing id="br5jt"></listing></strike></var>
<var id="br5jt"></var>
<var id="br5jt"><strike id="br5jt"><thead id="br5jt"></thead></strike></var>
<var id="br5jt"><strike id="br5jt"><listing id="br5jt"></listing></strike></var>
<var id="br5jt"><strike id="br5jt"><listing id="br5jt"></listing></strike></var>
<cite id="br5jt"></cite><var id="br5jt"><strike id="br5jt"><thead id="br5jt"></thead></strike></var>
<cite id="br5jt"></cite>
<cite id="br5jt"></cite>
<cite id="br5jt"></cite>

ファイルダウンロード

技術情報

INtime対応 モータコントローラ

INtimeとは…

INtime対応 モータコントローラ

INtimeは産業用コンピュータ(IPC)や、x86ボードコンピュータ、汎用パソコンで、WindowsOSと協調動作するリアルタイムOS(RTOS)です。 同一ハードウェア上で同時に動作する事ができ、WindowsやLinux単體では実現が難しいリアルタイムアプリケーションを、産業用コンピュータで実現できます。



※INtimeの詳細情報はマイクロネット社ホームページよりご確認下さい。

INtime開発環境について

INtimeは、WindowsのVisualSutudioで開発できます。弊社ではその環境に合わせてWindowsと同等の基本関數を提供しています。この基本関數內でINtimeからPCIリソースへのアクセスをできるようにしています。また下記に紹介するPCIバスボード製品のサンプルソフトウェア等を用意しております。

モータコントロールへの効果

①リアルタイム性があることと処理速度が速いことは違います。目的の処理を時間計畫通りに実行できる時、リアルタイム性があるといいます。一定の時間で処理切替えができる構造を持って設計されたOSなのでこのリアルタイム性を利用したモータ制御ができます。
②Windowsの環境であるVisualStudioで開発できます。Windows-INtime間でのハンドシェイクが必要となりますが、Windows側からの命令でINtime側で処理ができます。弊社PCIボードの基本関數をINtime側の関數として作成してありますので、Windows側で作成したモータ部の制御アプリケーションをそのままINtime側に移行できます。(各OSのドライバ部分の入れ替えで制御が可能です。)
③Windows側がハングアップしても影響を受けることがありません。

関連製品

PCPG-46(F)
?4軸
?PCPG-46(F)2軸互換
?出力周波數 4,096Mpps
?INtime対応
PCPG-88(F)
?8軸
?直線/円弧/連続補間
?出力周波數 8.191Mpps
?INtime対応
PCPG-128
?12軸
?同期スタート
?直線/円弧/連続補間
?INtime対応
PCPG-168
?16軸
?同期スタート
?直線/円弧/連続補間
?INtime対応
ページTOPへ
无码热综合无码色综合,变态挤奶水Av大片,50岁熟妇大白屁股真爽,免费看男阳茎进女阳道视频
<ins id="br5jt"></ins>
<cite id="br5jt"></cite><var id="br5jt"><strike id="br5jt"><listing id="br5jt"></listing></strike></var>
<var id="br5jt"></var>
<var id="br5jt"><strike id="br5jt"><thead id="br5jt"></thead></strike></var>
<var id="br5jt"><strike id="br5jt"><listing id="br5jt"></listing></strike></var>
<var id="br5jt"><strike id="br5jt"><listing id="br5jt"></listing></strike></var>
<cite id="br5jt"></cite><var id="br5jt"><strike id="br5jt"><thead id="br5jt"></thead></strike></var>
<cite id="br5jt"></cite>
<cite id="br5jt"></cite>
<cite id="br5jt"></cite>